メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吾妻ひでおさん死去「失踪日記」「ななこSOS」型破り漫画家 69歳食道がんで闘病していた (スポニチ)

[PR]

 「失踪日記」で知られる漫画家の吾妻ひでお(あづま・ひでお、本名日出夫=ひでお)さんが13日未明、東京都内の病院で死去した。69歳。北海道出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻紀三代(きみよ)さん。食道がんで闘病していた。

 1969年デビュー。テレビアニメ化もされた「ななこSOS」や、「ふたりと5人」などのギャグ漫画、「不条理日記」などSF・不条理をテーマにしたマニアックな作品でも注目された。2度の失跡、アルコール依存症での入院などで、漫画執筆が何度も危ぶまれた。2005年出版の「失踪日記」は、同年の日本漫画家協会賞大賞などに選ばれた。

 デビュー以来、一貫して美少女を描き、現在の「おたく文化」の源流として再評価されていた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです