メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

居家以岩陰遺跡(群馬県長野原町) 縄文文化の始原を見る

谷口康浩教授

 群馬県長野原町の居家以(いやい)岩陰遺跡がすごいと聞き、調査団長の谷口康浩・国学院大教授(先史考古学)を訪ねた。縄文時代早期が中心の遺跡。出土遺物が質・量とも突出し、縄文文化の起源解明への期待がかつてなく高まっているそうだ。

 JR吾妻線・長野原草津口駅の北方約1・5キロの山間にある遺跡。2014年から同大学と人類学、動・植物学、分析化学などの研究者が連携して調査している。最大の注目点は、専門家が目を疑うほどの人骨だ。

 約30平方メートルの発掘区から、今年夏までに縄文早期の約22体が出土した。年代は8500~8000…

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです