メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノンフィクション時評

妄説を克明に論破する

関東大震災時の虐殺犠牲者を悼む、朝鮮人犠牲者追悼式典。毎年、震災が起きた9月1日、東京都墨田区の横網町公園で行われている。参加者は近年増加傾向で、今年は700人(主催者発表)が集まった

 「日本がアメリカと戦争を始めたのは、コミンテルンによる策謀」。そうした、実証的歴史学が相手にしない説を信じる人は昔からいた。ごく限られたメディアや受け手などが形成するサークルの中で循環するもので、外にいる大多数の人々には届かなかった。しかし近年はそうした妄説が広く市民社会に浸透しているように思われる。関東大震災に伴う朝鮮人虐殺が「なかった」という主張もその一つだ。

 ノンフィクション作家、加藤直樹(以下、著者)の労作『TRICK トリック 「朝鮮人虐殺」をなかった…

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです