メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

特殊詐欺の深い根と闇を描く

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 7月期のドラマを振り返ると、同じテーマを扱った2本のドラマが目につく。いわゆる「振り込め詐欺」などの特殊詐欺を題材とした「スカム」(MBS、TBSなど)と「サギデカ」(NHK)である。特殊詐欺は、3月に放送されたNHKスペシャル「詐欺の子」でも取り上げられたテーマだ。「人間のクズ」という意味を持つ言葉をタイトルとした「スカム」は詐欺を働く側の視点から、「サギデカ」はタイトル通り詐欺を摘発する警察の視点から描いている。視点は逆だが、両者とも単純な勧善懲悪の物語ではなく、若者たちがいかに富裕層の老人を憎んで犯罪に駆り立てられていくかを描き、格差と不平等が蔓延(まんえん)する社会構造に切り込んでいて見応えがあった。

 「スカム」でせつなかったのは、リーマン・ショックのあおりを受けた大手企業の「新卒切り」に遭った主人…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです