メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

特殊詐欺の深い根と闇を描く

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 7月期のドラマを振り返ると、同じテーマを扱った2本のドラマが目につく。いわゆる「振り込め詐欺」などの特殊詐欺を題材とした「スカム」(MBS、TBSなど)と「サギデカ」(NHK)である。特殊詐欺は、3月に放送されたNHKスペシャル「詐欺の子」でも取り上げられたテーマだ。「人間のクズ」という意味を持つ言葉をタイトルとした「スカム」は詐欺を働く側の視点から、「サギデカ」はタイトル通り詐欺を摘発する警察の視点から描いている。視点は逆だが、両者とも単純な勧善懲悪の物語ではなく、若者たちがいかに富裕層の老人を憎んで犯罪に駆り立てられていくかを描き、格差と不平等が蔓延(まんえん)する社会構造に切り込んでいて見応えがあった。

 「スカム」でせつなかったのは、リーマン・ショックのあおりを受けた大手企業の「新卒切り」に遭った主人…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  4. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

  5. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです