メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

木村拓哉 ドラマ「グランメゾン東京」 尾花夏樹役 三つ星への思い熱く

ドラマ「グランメゾン東京」 尾花夏樹役(TBS系=日曜午後9時)

 取材会場に、真っ白なコックコートを着て現れた。今回は、ドラマ「グランメゾン東京」でフランス料理のシェフ、尾花夏樹を演じる。

 尾花は一時、フランス・パリに店を持ち、ミシュランの二つ星を獲得。しかし、日仏外交の場で料理を提供した際にアレルギー食材の混入事故を引き起こし、店や仲間を失う。3年後、料理人を目指す早見倫子(鈴木京香)と出会い、世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する。尾花を演じる上で「3年前の彼と現在の彼の熱量は均等ではない。そのバランスは非常に意識した」という。

 混入事故では、料理長の尾花に対し、フランスの外務官僚が料理人に移民が多いことを指摘。テロの可能性を疑ったことなどから、尾花はこの官僚を殴りつける。迫真のシーンだ。「店のスタッフ、仲間を否定されたことで、動物的反射で相手に手を出してしまう。普通、手を出さないですよね」と苦笑いする。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  2. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

  3. デジタル庁採用、倍率47倍 民間人材枠、30人先行募集に

  4. 共産都議団が今夏の東京オリンピック中止を申し入れ 「コロナ対策集中を」

  5. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです