メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

ギャラリーコンパ

 「ギャラリーコンパ」をご存じだろうか。晴眼者と視覚障害者が一緒に美術作品を鑑賞するワークショップだ。活水女子大(長崎市)の石田陽介准教授(52)たちが福岡を中心に10年以上前から続けてきた。

 美術作品は、直接触れることができる彫刻だけでなく、絵画も鑑賞の対象になる。視覚障害者が複数の晴眼者とグループになって作品に向かい、構図や色彩について説明を聞き、質疑…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです