メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「動物総選挙2019」 初代王者はアライグマ 2位プレーリードッグ、3位フンボルトペンギン 弘前 /青森

見事、トップ当選を果たしたアライグマ=青森県弘前市弥生いこいの広場で

 24日間におよぶ選挙戦で見事にトップ当選を果たしたのは、リンゴとザリガニが大好きというあの候補――。弘前市の弥生いこいの広場で9月21日~今月14日に行われた「動物総選挙2019」の開票結果が21日公表され、多くの子供たちの支持を集めたというアライグマが初代王者に輝いた。

 同選挙は、同広場で飼育されている約50種類の動物の中から8種類を選定し、来場者やインターネットの投票で人気ナンバーワンを決める初めてのイベント。同広場と北里大獣医学部(十和田市)のZOOゼミが共同で企画した。

 ゼミの学生16人は、担当した動物の特徴などを調べ、「お昼寝大好き党 その姿にあなたも癒(いや)され…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです