メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院補選2019

投票したい!/上 「現状満足」守るにも行動を 大学生・清海有希さん(21) /埼玉

選挙カレッジ生として啓発活動などに取り組む清海有希さん=さいたま市浦和区の県庁で

 1991年6月の参院埼玉選挙区補選の投票率は17.80%。国政選挙の補選で、今でも全国最低の数字だ。主要政党が候補者を擁立せず、告示直後に台風被害に見舞われた今回は期日前投票が低調で、また投票率が低くなるかもしれない。そこで、27日の投開票日が近付く中、選挙に関心を持つ埼玉の若者に「投票したい?」と聞いてみた。その姿に、こう思い直す人が現れることを期待して。「投票したい!」

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです