メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

へるん入試について説明する武田信明副学長=松江市西川津町の島根大学で、前田葵撮影

 島根大(松江市)は2021年度入試から、大学入学共通テスト(現行の大学入試センター試験)を課さない「へるん入試」を、法文▽教育▽総合理工▽生物資源科の4学部で導入すると発表した。教育を除く3学部のAO入試は廃止する。同大は「将来の可能性や学問に強い興味を持つ学生」を求め、特定領域への好奇心や課題意識を重視する。試験実施予定日は20年11月14日。

 一般型と特定型を設け、一般型は書類審査や面接のほか、主に記述式の「読解・表現力試験」を課す。総合理…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです