メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

正殿の儀 天皇陛下、即位を宣言 憲法にのっとり、象徴のつとめ果たす

「即位礼正殿の儀」で、「御帳台」に立たれる皇后雅子さま=皇居・宮殿「松の間」で2019年(令和元年)10月22日、代表撮影

191の国・地域・機関参列

 天皇陛下が即位を国内外に宣言される「即位礼正殿(せいでん)の儀」が22日午後1時過ぎから、皇居・宮殿「松の間」で執り行われた。陛下は高御座(たかみくら)に登壇し、「憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられた。一連の即位儀式の中心となる国事行為の儀式で、186の国と五つの地域・機関の代表423人や国内各界の代表ら計1999人が参列した。夜には宮殿で海外の賓客らを招いた祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が催された。【高島博之、和田武士、稲垣衆史】

 正殿の儀で、陛下は天皇専用の装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」をまとい、皇后雅子さまは、側頭…

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです