来月下旬から「親謁の儀」 伊勢神宮など参拝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 即位に伴う中心儀式である「即位礼正殿の儀」は終わったが、皇位継承に伴う儀式や行事は今後も続く。台風19号の被害を受けて延期されたパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」は11月10日午後3時から、皇居から赤坂御所までの約4・6キロのコースで行われる。

 同14、15日は天皇陛下が五穀豊穣(ほうじょう)や国の安寧を祈られる皇室行事大嘗祭(だいじょうさい)の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が、皇居・東御苑で行われる。天皇、皇后両陛下は同月下旬、即位の礼と大嘗祭が終わったことを報告する「親謁の儀」のため、伊勢神宮(三重県伊勢市)などを参拝する。天皇即位に伴う儀式は年内で終わる。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文736文字)

あわせて読みたい

ニュース特集