メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

天皇制のこれから

河西秀哉氏=鈴木英生撮影

 22日の「即位礼正殿の議」で、憲政史上初の退位による天皇陛下の代替わりの行事は節目を迎えた。上皇陛下の退位の意向をにじませるおことばがきっかけとなった代替わりにおいて、どんな問題が投げかけられたのか。令和時代の皇室はどのような存在になっていくのか。象徴の意味や天皇制に対する社会の意識などから考える。

この記事は有料記事です。

残り4342文字(全文4493文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです