メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「小さなおばけ」シリーズ40周年 角野栄子さん(84) 物語の驚きに出会って

新作「アッチとドッチのフルーツポンチ」を手にする角野栄子さん=神奈川県鎌倉市で2019年9月3日、梅村直承撮影

 レストランに住んでいるコックのおばけがユニークな料理を作り出す「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけ」シリーズが40周年を迎えた。8月には最新刊「アッチとドッチのフルーツポンチ」も発売され、作家の角野栄子さん(84)にとってライフワークの作品となっている。【聞き手・大沢瑞季】

 忙しい作家さんに代わってピンチヒッターで雑誌に書いたのが、1作目の「スパゲッティがたべたいよう」でした。たくさんの反響があり、すぐに出版が決まりました。

 おばけを主人公にしたのは、おばけはいろいろなことができるから。面白くて自由で、跳んだりはねたり。で…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです