メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

プラスチック編/6止 試される日本の手腕 海洋汚染ゼロへ国際的枠組み始動

プラスチックごみの海洋流出防止に向けて協議する各国担当者ら=東京都渋谷区の国連大学で2019年10月9日、鈴木理之撮影

 <くらしナビ・環境>

 主要20カ国・地域(G20)が海洋プラスチックごみ問題を協議する国際会議が今月、東京都内で開かれ、海洋汚染ゼロに向けた国際的な枠組みが動き出した。日本政府はプラごみ問題で国際的な対策をリードしていく方針だが、国内では依然としてプラスチックを大量消費している。解決への道のりは険しい。

この記事は有料記事です。

残り1914文字(全文2067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです