メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

ふくら雀 神奈川県藤沢市・成田光雄(無職・85歳)

 我が家の寝室には、粗末なハガキ大のわら半紙に描かれた「ふくら雀(すずめ)」の鉛筆画が飾ってある。私には、どんな名画よりも、この絵が心に響く。大切な宝物になっている。

 母は94歳で亡くなった。戦中戦後の激動期、5人の子を育て上げ、さらに長男の子供の面倒もみて一息ついた頃、子供の時からの夢だった絵を描き始めた。気ままに鉛筆で描いただけなので、決して上手とは言えなかった。遺品と言えるものが何もない中で、目が可愛い鳥の絵が数点あり、兄弟で分け合った。

 貧しい家に育った母は、小学校を3年までしか行かせてもらえなかったことを生涯、悔しがっていた。「妹を…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです