メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク6-2巨人(その2止) 若さG滅の3連敗

 ソフトバンクは同点の四回、代打・長谷川勇の犠飛、デスパイネの2点適時打などで4点を勝ち越し。救援投手陣が五回以降を無失点で封じた。巨人は先発の高橋、四回に登板の戸郷がともにピンチで粘れず、打線も序盤の亀井のソロ2発にとどまった。

新人戸郷が4失点

 若い力には、あまりにも荷が重すぎた。四回から登板した3番手の新人・戸郷が4失点。味方打線が同点とした直後に点を失う負けパターンにはまり、チームは本拠地に戻っても今シリーズの流れを引き寄せるどころか、崖っぷちに追い込まれた。

 投げっぷりの良さが影を潜めた。1死から内川にカットボールを左前に運ばれ、8番・甲斐を四球で歩かせた…

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです