メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク6-2巨人(その1) タカ攻め抜き王手

超攻撃デスパワー

 ソフトバンク・工藤監督の決断は「超攻撃的オーダー」だった。指名打者制のない敵地の初戦で、デスパイネを「4番・左翼」で先発出場させた。キューバ出身の男は指揮官の思いに応え、2安打3打点と躍動した。

 まずは同点で迎えた三回。2死一、二塁でデスパイネが打席に入った。巨人の先発左腕・高橋の真ん中に甘く入ってきたスライダーを逃さない。芯で捉えた打球は強烈なライナーで中前へ。主砲の待望のシリーズ初安打で一時、勝ち越すと、さらに四回2死満塁では、追撃の左前2点適時打。「みんなでつないだ好機で追加点を取れて良かった」と塁上で力強く右腕を上げた。

 決して守備がうまいとは言えないデスパイネを守らせることは大きなリスクを伴う。しかも第1戦で左腕に死…

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです