メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェイスブックCEO、リブラ「米当局承認まで発行せず」下院公聴会で証言

 米下院金融サービス委員会は23日、米フェイスブック(FB)の主導する仮想通貨(暗号資産)「リブラ」の公聴会を開き、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)に証言を求めた。事前公表された冒頭発言によると、ザッカーバーグ氏は「規制上の懸念に完全に対処するまでリブラ発行を延期する」と表明する一方、中国がリブラと同様の金融サービスに乗り出す可能性に言及して早期承認を促した。

 FBが6月にリブラ計画を発表すると、米国をはじめ各国当局がマネーロンダリング(資金洗浄)対策や消費者・投資家保護などで「深刻なリスクが生じる」と懸念を示した。これに対して、ザッカーバーグ氏は冒頭発言で「米国の全ての規制当局が承認するまで、世界のどの地域でもリブラを発行しない」と表明。当初計画した2020年の発行にこだわらず、米当局の承認を最優先する姿勢を強調した。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです