メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

ワチラロンコン国王と並んで写真に収まるシニーナトさん(右)=タイ・バンコクで2019年8月27日、ロイター

 タイ王室は21日、ワチラロンコン国王(67)がスティダー王妃(41)とは別の女性に約3カ月前に与えた「国王の高貴な配偶者」を意味する「チャオクンプラ」の称号を剥奪したと発表した。王妃と同等の地位を得ようと背信行為を働いたのが理由とされる。王室は声明で「国や王室に対する破壊行為だ」と非難。女性は所属していた陸軍の階級も失った。

 国王は3度の離婚を経て、今年5月に元客室乗務員のスティダー王妃と結婚。一方で、自身の誕生日の7月28日、護衛官だったシニーナトさん(34)にチャオクンプラの称号を与え、8月には2人が並んだ写真や経歴が公表された。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです