メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍のシリア撤収「撤回を」 共和党上院トップ、決議案提出を表明

共和党上院トップのミッチ・マコネル院内総務=米南部ケンタッキー州ルイビルで2014年11月4日、AP

 米上院の与党・共和党トップ、マコネル院内総務は22日、シリア北部からの米軍撤収の「撤回」をトランプ大統領に要求する決議案を提出すると表明した。「撤収を止めなければ、ロシアがより大きな影響力を手にし、イランも戦略的に重要な地域へのアクセスを容易に獲得する」と指摘し、「(米軍撤収で生じる)空白は敵対勢力に確実に埋められる」と警告した。

 ホワイトハウスのギドリー副報道官は22日、記者団にシリア北部で米軍撤収後の空白を埋めるようにロシアが影響力を拡大するシナリオについて「我々が避けようとしている事態だ」と強調。だが、米国内では、クルド人勢力の犠牲と中東の不安定化につながりかねないトランプ政権の撤収判断に対して、不満が高まっている。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです