メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア主導のシリア和解、影響力拡大 トルコ、クルド「脅威」排除成功

会談を終え握手するロシアのプーチン大統領(右)とトルコのエルドアン大統領=ロシア・ソチで2019年10月22日、AP

 ロシアは22日に開いたトルコとの首脳会談でシリア北部情勢に絡んだ合意にこぎ着け、今後の内戦終結を目指す動きで影響力を一層強めた格好だ。一方、トルコの国防省は今月9日開始したクルド人勢力に対する軍事作戦「平和の泉」について「現在の作戦地域を越えて新たな作戦を始める必要はない」との声明を出し、事実上終了する意向を示した。

 「トルコとシリアの国境で平穏な状況を保つことは大切だ。そのためにはお互いへの尊重に基づく協力が欠かせない」。プーチン露大統領は22日、トルコのエルドアン大統領との会談後の記者発表でこう述べた。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 露反体制派 「プーチンの宮殿」暴露動画を公開 黒海沿岸に1400億円の豪邸

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです