メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インド海軍情報センターに海自要員派遣検討 米豪とも協力、中国けん制

首脳会談冒頭の写真撮影で、拳をあわせ笑顔を見せる(左から)トランプ米大統領、安倍晋三首相、インドのモディ首相=大阪市住之江区で2019年6月28日午前9時22分(代表撮影)

 政府は「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想の一環として、インド洋の船舶や港湾、海流などの情報を集約するインド海軍の情報統合センターに、船舶情報を提供したり海上自衛隊の要員を派遣したりする検討に入った。米国や豪州なども協力する方向で、日米豪印4カ国が連携し、インド洋で影響力を強める中国をけん制する狙いがある。

 日印両国は、11月に初めて開く予定の外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)や、12月に訪印する安倍晋…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです