初代ナンバーワンは子供に大人気のあの生き物 弘前で「動物総選挙」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
見事にトップ当選を果たしたアライグマ=弘前市弥生いこいの広場で2019年10月21日、藤田晴雄撮影
見事にトップ当選を果たしたアライグマ=弘前市弥生いこいの広場で2019年10月21日、藤田晴雄撮影

 24日間におよぶ選挙戦で見事にトップ当選を果たしたのは、リンゴとザリガニが大好きというあの候補――。弘前市の弥生いこいの広場で9月21日~今月14日に行われた「動物総選挙2019」の開票結果が21日公表され、多くの子供たちの支持を集めたというアライグマが初代王者に輝いた。

 同選挙は、同広場で飼育されている約50種類の動物の中から8種類を選定し、来場者やインターネットの投票で人気ナンバーワンを決める初めてのイベント。同広場と北里大獣医学部(十和田市)のZOOゼミが共同で企画した。

 ゼミの学生16人は、担当した動物の特徴などを調べ、「お昼寝大好き党 その姿にあなたも癒(いや)される!」(ニホンアナグマ)、「目が合ったらあなたはもうトリコ」(シロフクロウ)などのPRメッセージを書いた写真付きの「選挙ポスター」を同広場に掲示したり、インターネットに掲載したりして、投票を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文709文字)

あわせて読みたい

注目の特集