メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

商店街にネコ、猫…新潟で86年ぶり仮装行列

ネコの仮装をしながら商店街を歩く人=新潟市南区の白根商店街で2019年10月22日午後2時12分、露木陽介撮影

[PR]

 新潟市南区の白根商店街で22日、86年ぶりに仮装行列「白根子行進曲」があった。雨が降る中、行列には地元住人ら約100人が思い思いの「ネコ」の仮装で参加。ハロウィーンより一足先に商店街はネコの仮面やメークをした人であふれた。

 この仮装行列はもともと、1931年に町の約3割を焼いた白根大火からの復興を祝ったもので、大火から2年後の33年に地元住民の通称「白根っ子」と「白猫」をもじり、ネコの仮面をつけて復興した町並みを太鼓などを演奏しながら練り歩いたという。

 当時の様子を伝えるものは行列を写した数枚の写真しかなく、今回は地元の商工会などで作る実行委員会を中心に、楽曲などを現代風にアレンジした仮装行列になった。

 白根大凧(おおだこ)の破れた和紙でネコのかぶり物を作って参加した小千谷市の40代の女性は「こんなに人が集まってびっくり。仮装してみんなで歩くのは楽しい」と話した。【露木陽介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです