メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設、沖縄県が敗訴 国交相の撤回処分取り消し裁決巡り 福岡高裁

土砂投入が始まった米軍キャンプ・シュワブ沖の埋め立て予定海域=沖縄県名護市辺野古で2018年12月14日、本社ヘリから

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡り、国土交通相が沖縄県の埋め立て承認撤回処分を取り消した裁決を違法とし、玉城(たまき)デニー知事が国交相に裁決の取り消しを求めた訴訟の判決が23日、福岡高裁那覇支部であった。大久保正道裁判長は玉城知事の請求を却下した。知事側は上告を検…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 新型コロナ 夜空に祈る大輪、サプライズ花火 全国一斉、県内でも /群馬

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです