メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設、沖縄県が敗訴 国交相の撤回処分取り消し裁決巡り 福岡高裁

土砂投入が始まった米軍キャンプ・シュワブ沖の埋め立て予定海域=沖縄県名護市辺野古で2018年12月14日、本社ヘリから

[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡り、国土交通相が沖縄県の埋め立て承認撤回処分を取り消した裁決を違法とし、玉城(たまき)デニー知事が国交相に裁決の取り消しを求めた訴訟の判決が23日、福岡高裁那覇支部であった。大久保正道裁判長は玉城知事の請求を却下した。知事側は上告を検討する。

 県は昨年8月に辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回。これに対し、防衛省は行政不服審査法に基づいて審査を請求し、石井啓一国交相(当時)が今年4月に撤回処分を取り消す裁決を下した。【遠藤孝康】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです