土星の衛星82個、太陽系最多に すばる望遠鏡で20個発見 木星上回る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
土星を周回する20個の新衛星の軌道の推定図。多くの衛星が似た軌道を描いている=米カーネギー研究所提供
土星を周回する20個の新衛星の軌道の推定図。多くの衛星が似た軌道を描いている=米カーネギー研究所提供

 米ハワイ島の国立天文台すばる望遠鏡を使って、土星の周りを回る衛星を新たに20個発見したと、米国のカーネギー研究所などのチームが発表した。これで土星の衛星は合計82個となり、木星の79個を上回って太陽系で最も衛星が多い惑星となった。新たな衛星のほとんどは、軌道の分析などから、衛星同士の衝突や、外から飛来した天体の衝突で生じた可能性があるという。

 土星の衛星は、直径約5150キロで最大の「タイタン」や、表面を覆う氷の下の海に生命が存在する可能性が指摘されている「エンセラダス」などが知られている。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文607文字)

あわせて読みたい

ニュース特集