メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優生社会を問う

新たな命を選ぶ/3 「遺伝カウンセリング」施設で差 納得できる「命の選択」のため 必要なことは? 

 出生前診断で必須とされる「遺伝カウンセリング」を簡略化する動きがあり、問題になっている。過去の優生政策と一線を画し、夫婦らが診断の意味を十分理解して行動を選ぶ「自己決定」につなげるために重視されてきたが、実態は施設間で差が大きく、「形骸化している」との指摘もある。カウンセリングを実施しない学会の指針違反の施設も急増しており、個々の選択を支える対策が急務となっている。【千葉紀和、上東麻子】

この記事は有料記事です。

残り2427文字(全文2623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです