ハンセン病家族補償法 骨子案まとまる 議員懇 厚労省提示額で決着へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハンセン病家族訴訟原告団の林力団長(右端)らに謝罪後、匿名の原告に深々と頭を下げる安倍晋三首相=首相官邸で2019年7月24日午前10時24分、川田雅浩撮影
ハンセン病家族訴訟原告団の林力団長(右端)らに謝罪後、匿名の原告に深々と頭を下げる安倍晋三首相=首相官邸で2019年7月24日午前10時24分、川田雅浩撮影

 ハンセン病元患者の家族が受けた差別被害について、超党派の議員懇談会は23日の作業部会で、家族への補償を定めた新法の骨子案を大筋でまとめた。内容の発表は見送り、24日の議員懇談会総会で正式了承した上で明らかにする。

 補償額は元患者の親や子、配偶者が180万円、兄弟姉妹や同居歴のある孫、ひ孫、おい、め…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集