「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
愛知県警本部
愛知県警本部

 ウインカーを出さずに進路変更する、いわゆる「名古屋走り」と呼ばれる危険な走行が原因の事故が、不起訴から一転、起訴された。2017年11月に名古屋市で発生した交通事故を巡り、名古屋地検は23日までに、事故を招いたとして同市東区の男性会社役員(52)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)罪で起訴した。

 起訴状によると、17年11月29日、名古屋市中区内の片側3車線の道路交差点で、第2車線を走行していた会社役員が運転する普通乗用車が、ウインカーであらかじめ合図…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

あわせて読みたい

ニュース特集