メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県管理3河川の復旧工事、国が代行へ 宮城・丸森町の阿武隈川水系堤防

阿武隈川(中央から奥)などが氾濫し、浸水したままの宮城県丸森町=2019年10月14日午後0時52分、本社ヘリから

[PR]

 国土交通省は23日、台風19号で堤防が決壊した宮城県丸森町内の阿武隈川水系3河川について、河川を管理する県の権限を代行し復旧工事を行うことを決めた。工期は未定。計18カ所を復旧する。

 村井嘉浩知事が同日、国交省東北地方整備局に権限代行を求める要請書を提出した。整備局によると、県管理の18河川で計36カ所が決壊した。村井知事は「県の今の技術力では限界がある。国の迅速な対応に大変感謝している」と話した。

 国交省は、同様に茨城県の大井川和彦知事からの要請を受け、堤防が決壊した同県管理の久慈川水系の2河川2カ所についても、18日から県に代行して復旧工事を進めている。

 権限代行は鬼怒川の堤防が決壊した2015年9月の関東・東北豪雨を受けて改正河川法に盛り込まれた制度で、都道府県からの要請があれば国が工事を代行できる。17年7月の九州北部豪雨で初めて適用された。【遠藤大志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです