メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生の時の論文が学会誌に 18歳・中村さん、新たながん治療法の可能性

米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆・主任研究員(右)の研究室でインターンシップに取り組んだ中村有羽さん(左)=米メリーランド州のNIHで2017年8月、永山悦子撮影

 近赤外光を当ててがん細胞を破壊する「がん光免疫療法」が、骨の下にあるがんにも効果があることを、米国立衛生研究所(NIH)などの研究チームが動物実験で明らかにし、日本癌学会誌に発表した。国内外で承認を目指している新たながん治療法の可能性を広げる成果として注目されそうだ。この論文の筆頭著者は、高校生のインターンシップとして研究に参加した中村有羽(ゆう)さん(18)。中村さんは「実験の材料選びから取り組み、試行錯誤を繰り返した。高校では経験できない多くのことを学べた」と話す。

 実験では、まずマウスにヒトの子宮がんを植え、5日後に近赤外光が当たるとがん細胞を破壊する薬剤を注射…

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです