メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

御坊祭の会場で掲げられた「贈 中田浩司」と書かれたのぼり旗=和歌山県御坊市薗で2019年10月5日午後8時57分

 和歌山県御坊市で5日にあった秋祭り「御坊祭」で、指定暴力団・神戸山口組の中核組織「山健組」トップで地元出身の中田浩司組長(60)が寄贈し、名前が入ったのぼり旗が掲げられた。県警は「個人としてなら、組長や祭り関係者に注意をするのも難しい」と及び腰だ。専門家は「全国で暴力団排除の機運が高まる中、警察は厳しい姿勢で対応すべきではないか」と指摘する。

 御坊祭は江戸時代に始まり、毎年10月4、5日に同市薗の小竹(しの)八幡で開かれている。地域ごとに「…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです