高卒ルーキーに厳しい洗礼 巨人3番手の戸郷が4失点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【巨人-ソフトバンク】四回表ソフトバンク1死一、二塁、バンデンハークのバントを巨人の戸郷(左)が三塁へ悪送球(三塁手・岡本)=東京ドームで2019年10月22日、大西岳彦撮影
【巨人-ソフトバンク】四回表ソフトバンク1死一、二塁、バンデンハークのバントを巨人の戸郷(左)が三塁へ悪送球(三塁手・岡本)=東京ドームで2019年10月22日、大西岳彦撮影

○ソフトバンク6―2巨人●(22日・東京ドーム)=日本シリーズ第3戦

 セ・リーグ覇者の巨人が3連敗を喫し、あっという間に崖っ縁。あまりにも痛かったのが、同点の四回に3番手で登板した右腕・戸郷の4失点だ。宮崎・聖心ウルスラ学園高からドラフト6位で入団した新人にはあまりにも荷が重かった。

 投げっぷりの良さが影を潜めた。1死から内川に、低めに制球されたカットボールを左前に運ばれた。自信を打ち砕かれ「切り替えられなかった」。その後バンデンハークが投前へバントすると、戸郷は三塁へ送球ミス(記録は投ゴロ失策)。長谷川勇の犠飛で勝ち越し点を与え、…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文675文字)

あわせて読みたい

注目の特集