メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク日本シリーズ3連覇 巨人に4連勝 「ON対決」19年ぶり雪辱 MVPはグラシアル

日本一となり胴上げされるソフトバンクの工藤公康監督=東京ドームで2019年10月23日、津村豊和撮影

[PR]

【巨人-ソフトバンク】四回表ソフトバンク1死一、三塁、3点本塁打を放つグラシアル=東京ドームで2019年10月23日、津村豊和撮影

 令和最初のプロ野球日本一を決める「SMBC日本シリーズ2019」の第4戦が23日、東京ドームで行われた。ソフトバンクが巨人を4―3で破って無傷の4連勝を飾り、3年連続10回目(南海、ダイエー時代の各2回も含む)の日本シリーズ制覇を成し遂げた。3連覇は1990~92年の西武以来、27年ぶり。最高殊勲選手(MVP)には今シリーズ3本塁打のグラシアル(ソフトバンク)が選ばれた。

 ソフトバンクと巨人の顔合わせは、2000年のダイエー(当時)・王貞治監督、巨人・長嶋茂雄監督が日本一を争った「ON対決」以来、19年ぶり11回目。ソフトバンクが巨人相手に日本シリーズを制したのは、南海時代の1959年以来で2度目で、59年も4戦4勝だった。

 今季、ソフトバンクはパ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで楽天、ファイナルステージで西武に勝ち、日本シリーズに進出。2位以下のチームが2年連続で日本一になったのは初めて。

 セ・リーグを5年ぶりに制した巨人は7年ぶりの日本シリーズ制覇を逃した。【吉見裕都】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです