ソフトバンク日本一 日本シリーズでセ全球団に勝利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本一を果たし胴上げされるソフトバンクの工藤公康監督=東京ドームで2019年10月23日、梅村直承撮影
日本一を果たし胴上げされるソフトバンクの工藤公康監督=東京ドームで2019年10月23日、梅村直承撮影

 ソフトバンクの工藤監督が宙を舞った。23日に東京ドームで行われたプロ野球の「SMBC日本シリーズ2019」第4戦で、パ・リーグ2位でクライマックスリーズ(CS)を突破し、今シリーズも王手をかけていたソフトバンクが巨人を4―3で降した。無傷の4勝で3年連続10回目の日本一に輝いた。

 ソフトバンクが3連覇を成し遂げたのは初めてで、4戦全勝での決着は2005年にロッテが阪神を破って以来、史上6度目。13年の楽天から7年連続でパの球団が日本シリーズを制した。

 また、05年に親会社がソフトバンクとなって以降、日本シリーズで11年に中日、14年に阪神、15年にヤクルト、17年にDeNA、18年に広島を破っており、今年の巨人でセ・リーグ全6球団に勝利となった。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文633文字)

あわせて読みたい

注目の特集