メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤監督、名将の仲間入り 日本シリーズ3連覇と4勝無敗制覇を達成

【巨人-ソフトバンク】四回表ソフトバンク1死一、三塁、3点本塁打を放ったグラシアルをベンチで迎える工藤監督(右)=東京ドームで2019年10月23日、大西岳彦撮影

 令和最初のプロ野球日本一を決める「SMBC日本シリーズ2019」の第4戦が23日、東京ドームで行われた。ソフトバンクが巨人を4―3で破って無傷の4連勝を飾り、3年連続10回目(南海、ダイエー時代の各2回も含む)の日本シリーズ制覇を成し遂げた。3連覇は1990~92年の西武以来、27年ぶり。最高殊勲選手(MVP)には今シリーズ3本塁打のグラシアル(ソフトバンク)が選ばれた。

  年   チーム     監 督

1951~53年 巨 人(3連覇)水原 茂

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです