メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タカの守護神・森、2年連続の胴上げ投手「腹くくってベストボール投げた」

最後の打者を三振に仕留めガッツポーズするソフトバンクの森=東京ドームで2019年10月23日、梅村直承撮影

○ソフトバンク4―3巨人●(23日・東京ドーム)=日本シリーズ第4戦

 2年連続の胴上げ投手になったのはソフトバンクの抑え・森だった。九回を無失点に切り抜け「どんな展開でもゼロで抑えるだけだった。きょう決まって良かった」と頰を緩めた。

 1点差の場面で6番手でマウンドへ。2死から亀井を歩かせ、迎えたの…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです