メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

リヴァプールの7選手がバロンドールの候補者に…クロップは「選ばれて当然」

情報提供:サッカーキング

バロンドールの候補者にノミネートされたリヴァプールの7選手 [写真]=Getty Images
 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、2019年のバロンドールの候補者に言及した。22日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 バロンドールはフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催し、記者の投票によって年間の最優秀選手を決める賞だ。21日に今年の受賞候補者30名が発表され、昨季のチャンピオンズリーグを制したリヴァプールからは最多の7選手がノミネートされた。



 クロップ監督は発表された候補者について、次のようにコメント。ジョークを交えつつ、ノミネートされた選手たちを称賛した。

「私の最初の疑問は、『誰がノミネートされていないんだ?』だったよ。プレイヤーがこの賞を勝ち取るのは大きなことだが、そうでなくてもあまり心を痛めたりはしないはずだ。昨シーズンのプレーを踏まえれば、多くの選手が専門家に指名されるのは当然だね」

「私たちの7選手はノミネートに値すると思う。7人がノミネートされたというだけでなく、選手たち全員を誇りに思っている。彼らが大好きだし、彼らが何かを勝ち取れば私は幸せだ」

 バロンドールの受賞式は12月2日に行われる予定となっている。

【関連記事】
●バロンドールの候補者30名が発表! 欧州王者からは最多の7名がノミネート
●新設『ヤシン・トロフィー』は誰の手に? アリソンら10名がノミネート
●T・シウヴァ、リヴァプールの“背番号10”を称賛「バロンドールにふさわしい」
●モウリーニョ氏がファン・ダイクを絶賛「弱点を見つけることは不可能」
●クロップ監督、レアルやマンU行きの可能性もあった?…リヴァプールOBが秘話を明かす

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです