メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

好調レスターが1月にスカッド改革? マグワイアの移籍金を元手に補強敢行か

情報提供:サッカーキング

レスターが冬に獲得を目指すターコウスキー(左)とアケ(右) [写真]=Getty Images
 レスターは1月の移籍市場で新選手を獲得する可能性があるようだ。22日、イギリス紙『テレグラフ』が報じた。

 レスターは今夏、チームの大黒柱だったイングランド代表DFハリー・マグワイアをマンチェスター・Uに移籍金8000万ポンド(約111億円)で売却。クラブは同選手の後釜を獲得できなかったが、ブレンダン・ロジャーズ監督率いるチームは開幕から好調を維持。プレミアリーグでは、第9節を終えた時点で5勝2分2敗/得点「16」失点「8」の現在3位だ。

 ロジャーズ監督は1月に新たなセンターバックを獲得し、チームに更なる強化を施したいようだ。報道によると、同監督はイングランド代表DFジェームス・ターコウスキー(バーンリー)とオランダ代表DFネイサン・アケ(ボーンマス)をターゲットにしている模様。レスターは今夏も両選手に関心を示していたが、当時は予算不足のために移籍は実現せず。マグワイアの移籍金を手にした今なら獲得が可能だと『テレグラフ』紙は指摘している。

 一方で同監督は、新戦力の獲得と同時に余剰戦力の整理も行いたいと考えているという。その候補に挙がっているのは、ナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョとクロアチア代表DFフィリップ・ベンコヴィッチの2名。前者はロジャーズ監督の就任から出場時間が激減し、今季の試合出場はカラバオカップ3回戦・ルートン戦の19分のみ。後者は昨年夏に1450万ユーロ(当時レートで約19億円)の移籍金でディナモ・ザグレブから加入したものの、レスターでの公式戦出場はわずか1試合に留まっている。

【関連記事】
●レスター、マディソンに契約更新オファーを準備か…引き抜きに抵抗
●公式戦6連勝へ…ランパード監督「アヤックスをリスペクトしているが…」
●リヴァプールの7選手がバロンドールの候補者に…クロップは「選ばれて当然」
●元マンUエヴラ氏、アーセナルを“赤ちゃん”呼ばわり…「彼らは精神的に弱く見える」
●5発大勝でCL初勝利…トッテナム指揮官「自信を取り戻す最初の一歩に」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです