ブラック校則、もうやめよう

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中学時代に体験した校則
中学時代に体験した校則

 地毛が茶髪の子どもに黒染めを強要、通学時の水飲み禁止――。こうした不合理な「ブラック校則」を見直そうという動きが強まっている。8月にはブラック校則の実態調査を求める6万334筆の署名が文部科学省に提出された。校則を一般に公開することで見直しを促す自治体もある。【水戸健一、成田有佳】

「調査を」署名6万筆

 文科省に署名を提出したのは教育関係者ら有志でつくる「ブラック校則をなくそう! プロジェクト」。15歳以上の10~50代の男女を対象に2018年に実施した調査では、中学生のときに髪の毛の長さに関するルールを体験したのは50代が25%、10代が27%と年代による差がほとんどなかったが、「眉毛をそってはいけない」「下着の色が決められている」は10代が圧倒的に高く、学校の管理強化の傾向がうかがえるという。プロジェクトに関わる評論家の荻上チキさんは「必要な合理的なルールもあるが、学校の管理のしやすさを優先するようなルールは不要だ」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1182文字)

あわせて読みたい

注目の特集