メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是・感劇

蜷川の魂なお劇場に

「蜷の綿」の一場面=宮川舞子撮影

 今さらなのではあるが、それでもやっぱり思いを巡らせずにはいられない。演出家、蜷川幸雄の人生を描くこの物語を、蜷川自身が演出していたらどんな舞台になっていたのか、と。

 亡くなって3年半。生前に藤田貴大に執筆を依頼した「蜷の綿―Nina′s Cotton―」(13~15日、彩の国さいたま芸術劇場大ホール、井上尊晶演出)がリーディング公演として上演された。2016年2月に予定されていた公演が体調不良のため延期され、作品の行方が気になっていた。

 蜷川と疾走してきた井上、蜷川が生み育てた、さいたまゴールド・シアターと、さいたまネクスト・シアター…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです