知事就任から半年 「鈴木カラー」影潜め 路線見直し、IR誘致 問われる決断力 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
就任半年を迎え記者会見をする鈴木直道知事=札幌市中央区で
就任半年を迎え記者会見をする鈴木直道知事=札幌市中央区で

 今年4月の知事選で現職では最年少、全国の歴代知事で4番目の若さで初当選した鈴木直道知事が就任して23日で半年を迎えた。道民の期待は大きく、北海道の玄関口である新千歳空港の発着枠を拡大して官邸との「パイプ」を印象づける一方、道議会などでは慎重な発言を繰り返し、“鈴木カラー”は影を潜めている。JR北海道の路線見直しや「年内に判断」としたカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致など課題は山積しており、今後は決断力が問われそうだ。【真貝恒平、澤俊太郎】

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1380文字)

あわせて読みたい

ニュース特集