メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タトゥーの外国人客、入浴規制緩和を検討 渋川市、東京五輪に向け 温泉施設に理解求める考え /群馬

ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」には先住民族マオリの文化にのっとりタトゥーを入れた選手が少なくない=日産スタジアムで9月21日、玉城達郎撮影

「民族の文化、尊重したい」

 渋川市が2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、市内の温泉施設などでタトゥー(入れ墨)がある外国人の入浴規制の緩和を検討している。同市は五輪・パラリンピックでニュージーランドのホストタウンになっており、同国の先住民族マオリには、タトゥーを神聖なものとする文化があるためだ。

 高木勉市長は今月11日の記者会見で、「国や民族の違いを乗り越えなければならない。マオリの文化や習慣は尊重したい。温泉旅館などには趣旨を理解してもらうよう要請していきたい」と、タトゥーがある外国人の入浴に理解を求める考えを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです