台風19号 奥むさし中学駅伝中止 会場の公園が浸水被害 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
浸水被害でアスファルトがめくれ上がった阿須運動公園=埼玉県飯能市提供 拡大
浸水被害でアスファルトがめくれ上がった阿須運動公園=埼玉県飯能市提供

 飯能市で12月7日に予定されていた「第62回奥むさし中学校駅伝競走大会(奥武蔵中学校駅伝競走大会から改称)」(飯能市・市教委・市体育協会主催、毎日新聞社など後援)の主催者は23日、台風19号の被害により今年の大会を中止することを明らかにした。

 同駅伝は県西部の中学生が健脚を競う。会場の阿須運動公園は入間川河川敷にあり、台風によりアスファルトがはがれ、流木やごみが残されるなどの浸水被害があった。復旧のめどは立っていない。

 同駅伝は例年100チーム以上が出場。同公園周回コース(1周2・4キロ)を1区間とし、男女とも6区間で健脚を競い合う。【清藤天】

あわせて読みたい

注目の特集