メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来のアジア、ダンスで表現 世田谷であすから /東京

北村明子さん

 アジア各国のアーティストとの共同プロジェクトを続けている振付家・ダンサーの北村明子さんが、25~27日、シアタートラム(世田谷区太子堂4)で最新作「梁塵(りょうじん)の歌」を上演する。前作「土の脈」に引き続き、インド人音楽家のマヤンランバム・マンガンサナさん、インドネシア人ダンサーのルルク・アリさんを迎え、日本人ダンサーらとのチームで「未来のアジア」を表現する。

 バレエやストリートダンスをベースにした表現で海外でも高い評価を受けてきた北村さんは、近年、アジア各国を訪れ、その土地の伝統舞踊や音楽などを作品に取り入れる試みに取り組んできた。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです