メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・食べる・つながる

神奈川・三浦 チョウザメ 刺し身や握り、熟成の味 /東京

農業生産法人「デリーターファーム」で養殖されているチョウザメ=神奈川県三浦市内で

地元養殖「未経験の食材」

 神奈川県三浦市で、キャビアがとれるチョウザメが養殖され、市内の二つの飲食店が刺し身や握りなどとしてメニューに取り入れている。マグロに代表される海の幸が人気の町で、なぜ淡水魚のチョウザメなのか――。養殖場と店を訪ねた。【岩崎信道】

 三浦市北部の初声町高円坊は三浦水道発祥の地だ。豊かな湧き水を利用し、農業生産法人「デリーターファーム」(金子寛一社長)がチョウザメの養殖をしている。直径3メートルほどのプール七つに、約500匹のチョウザメが泳ぎ回る。スタートは果樹園だったが、「町おこしにつながる珍しいものを」(飼育責任者の清水勝見さん)と、チョウザメに目をつけたという。

 姿は似ているが、チョウザメはサメではない。歯がなく性格は温厚。寿命が長く、飼育しやすい。成魚の販売…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです