メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上・競歩 鈴木選手「声援を力に」 地元・能美で優勝報告 /石川

自身の等身大パネルの横に並ぶ鈴木雄介選手(右)と井出敏朗市長(中央)=能美市役所で、井手千夏撮影

 ドーハで9月に開催された陸上世界選手権男子50キロ競歩で日本競歩史上初の金メダルを獲得した能美市出身の鈴木雄介選手(31)=富士通=が23日、同市役所を訪問し優勝を報告した。市民ホールには職員や市民ら約100人が駆けつけ、盛大な拍手を送った。

 同選手権は2020年の東京五輪の代表選考会を兼ねており、日本代表にも内定。二重の喜びとなった。

 鈴木選手は「県民、能美市民の声援のおかげで金メダルが取れた。最後の10キロはつらかったが応援してく…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  3. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです