メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウズベク、行ってみたい 国際交流員が文化紹介 伝統食、衣装で体感 舞鶴・岡田小 /京都

ウズベクの民族衣装を試着する児童たち=舞鶴市の岡田小で、行方一男撮影

 中央アジア・ウズベキスタンから舞鶴市の国際交流員を務めるレ・アルトゥル・エドゥアルドビッチさん(36)が21日、舞鶴市久田美の岡田小学校を訪問。約6000キロ離れたウズベクと舞鶴市との引き揚げ抑留者でつながる交流関係や故郷の特徴などについて講演し、給食で郷土料理「プロフ」や「ガロフスープ」を一緒に食べながら児童たちと異文化交流を図った。【行方一男】

 舞鶴市は、2020年東京五輪でウズベキスタンの柔道・レスリング選手団の事前合宿地でもあり、児童たち…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです