メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水産教室 大村湾を守ろう カサゴの稚魚放流 佐世保の児童 /長崎

カサゴの稚魚を放流する児童

 水産業に理解を深めてもらうための「水産教室」が佐世保市の市立宮小であり5、6年生35人がカサゴの稚魚約500匹を大村湾に放流した。

 県の担当者らが、大村湾内の漁場の環境保全や資源管理活動について講話。大村湾地域漁業環境保全会が進める大村湾中央部での海底耕うんの解説もあった。関係者の「自分ができるこ…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  3. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです