メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露トルコ首脳、クルド撤退で合意 シリア北部から150時間以内に

 トルコ軍によるクルド人勢力への軍事作戦に関連し、ロシアとトルコは22日に露南部ソチで開いた首脳会談で、ロシア憲兵隊とシリア国境警備隊が23日から150時間以内にシリア北部に設置された「安全地帯」からクルド人武装組織「人民防衛隊」(YPG)を撤退させることで合意した。その後にロシア、トルコ両軍が同地域を合同パトロールすることでも一致した。

 トルコは今月17日に米国と結んだ合意に基づき、22日夜まで戦闘を停止していた。今回の会談では期限後も戦闘を再開させないことに同意した形で、米軍がシリア北部から撤収を進めるなか、ロシアの存在感が更に高まっている。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです